健康食品の成分と分類について

健康食品として販売されているものの種類はびっくりするほど豊富です。

健康食品は、法の上では食品とされており、きっちりとした定義が存在していません。

健康食品は薬のような治療効果を謳うことはできませんが、それは法律上は食品であるためです。

認可を必要としないのでどんな品質の商品でも健康食品と販売できるといってもいいでしょう。

極端な言い方をすれば、普通の緑黄色野菜や果物ですら、健康に効果がある食品として販売できると考えられます。

植物や動物から成分を抽出したり、化学合成で成分を作り、それをカプセルや粉、錠剤にするのが健康食品の作り方です。

健康食品の成分と分類について

健康食品は、どんな種類の栄養素が配合されているか、ざっくりと分けることが可能です。

主成分は何かという種類分けをすると、アミノ酸系、ビタミン系、ミネラル系などがあります。

原材料で植物由来、動物由来で分けることもできます。

研究開発によって健康や美容などに効果があることが認められた成分を健康食品の主材料にしている場合や、民間医療などで使われていたお酢やにんにくなど体にいいという成分を健康食品に使うこともあります。

毎日の食事ではどうしても手が回らない栄養成分を摂取するために用いる健康食品や、脂肪燃焼や美肌効果、抗酸化作用、眼精疲労対策など、特定の効果のために製造された健康食品もあります。

健康食品は様々な種類が作られており、多くの人が利用しています。

健康食品の種類について事前調査をした上で、どの健康食品が自分に合うものかを判断してください。

記事メニュー

リンク

更新

2019/11/11
FXをお探しなら